家の修理やリフォーム

先日、冷蔵庫が古くなったので、買い替えることにしました。もう10年以上使っていたので、電気が時々消えたりしていました。もう十分に使ったので、直すより新しくした方が早いという事で買い替えました。

去年は、ガスコンロとガスレンジが調子悪くなったので、電気でコンロ、レンジ、グリルが一体となったものに変えました。電気に変えたのは、オール電化になり、ガス代がかからなくなって、電気料金も節約になるからです。

一昨年には、エアコンが動かなくなってしまい、買い替えました。その他にも洗面所の水道管から水漏れがしていて、修理しました。

やはり、家も20年以上住んでいるとあちらこちらと悪くなってきます。次は、電気温水器とかトイレとかが悪くなる可能性があるのではないかと思っています。

それに技術も発達して、スマートハウスとか言われる時代にもなってきていますので、太陽光発電とかいろいろ検討しなければならない時がいずれ来るのではないかとも思っています。

家の修理とかリフォーをいつやるかを考えなければいけないと思っていますが、外壁とか屋根とかについても考えた方がいいのではないかと最近思っています。

外壁や屋根も1年中、雨や風に耐えて、家を守ってくれているので、修理とか塗装をしてあげないと劣化していってしまいます。それで、ネットで外壁や屋根について調べていましたら、参考になるサイトを見つけました。

こちらのサイトでも紹介されていましたが、相見積もりをして、複数の業者さんを比べたほうが、相場も分かってきますし、業者さんもどこがいいか分かってくると思います。

外壁や屋根の塗装は、一度の出費としては高額ですし、そう何回もするものではないので、よく調べて慎重に業者選びをして、後悔のないようにしたいと思っています。

 

リフォーム

去年の12月にエアコンが動かなくなってしまったので、エアコンを買い替えることにしました。前のエアコンは、天井に埋め込み式のタイプだったので、それに合う物となるとかなり限定されてしまいます。

もちろん同じメーカーなら埋め込みタイプであるのですが、壁掛け式など埋め込み式に限定せずに選ぶと多くのメーカーの中からいろいろな種類を選ぶことができますし、値段的にもかなり安いものもあります。ただ壁掛け式ですと壁のどこかに穴をあけなければなりません。

それで、家の外と内を見て検討した結果、それ程目立たず、排水などの設備をすることができる事がわかったので、壁掛け式にする事にしました。その方が値段的にもかなりお値打ちになります。埋め込み式の方がスマートですが、買い替える時に限定されるので必ずしもいいとは言えない事があるとがわかりました。

そして、今年の3月にはガスコンロとガスのレンジが調子が悪くなりました。最初はガスのコンロとレンジとグリルが一体になったものに買い替えることで検討していましたが、電気のIHとレンジとグリルに買い替えるとオール電化になる事がわかりました。

その方が今後、ガス料金はかからなくなりますし、トータルで料金が安くなります。商品もちょうど合う物があったので、ガスから電気に変えて買い替える事にしました。

エアコン、キッチンと大きな出費が続きましたが、家も古くなってくれば、いろいろと修理したり買い替えたりしなければならなくなってきます。

この先に考えらるのが温水器、外壁、トイレ、冷蔵庫などではないかと思っています。やはり家は必ず古くなりますので、どこかで修理やリフォームをしないといけないと思います。でも実際は、壊れたり、動かなくなってしまってから行動することが多いのではないかと思います。それでネットで調べていましたらいいサイトを見つけました。

やっぱり事前に調べてしっかり準備して計画的にリフォームしたほうが無駄もなく後悔のないリフォームができるのではないかと思いました。

空き家問題

空き家が多くなっているニュースをよく耳にします。新しい家を建てて、引越しをしたのですが、前の家が荷物の片付けができていなくて、放置したままになっていたり、親が高齢者施設に入所したり、病院に入院して荷物や庭がそのままになっていたり、親が住んでいた実家を相続したのですが、誰も住まないまま空き家になっているようなケースが多いようです。

空き家をそのままにしておくと築年数にもよりますが、倒壊の危険性があったり、雨漏りやシロアリ被害の可能性もあります。また、野良猫が住みついて、糞をしたりすることも考えられます。その他にも不審者による不法侵入や放火の心配もあります。

建物は、人が住んでいない状態で放置すると急速に傷んでいきますし、治安も良くありません。それで、定期的に掃除に行ったりして、空き家の管理をしないといけないのですが、住んでいる家から遠かったり、いろいろな事情でなかなか大変ではないかと思います。

また、相続した家などの場合は、兄弟などで意見が違って、もめている事もあります。しかし、放置しておくと資産価値は目減りしていきますし、放置しておいては、問題が解決しません。

それで法律や税制、物理的な問題をかかえている場合は、専門家に相談するなりして解決していくといいのではないかと思います。また、その空き家を今後どうするかは、それぞれの事情とその土地の地理的な場所や広さなどから何に適しているかを考えるといいのではないかと思います。

ネットで調べていましたら、いいサイトを見つけました。空き家をどうするかは、売却する、リフォームして貸す、新築して貸す、駐車場にする等いろいろな方法があると思います。その土地が一番有効に活かせる方法をいろいろ聞いたり、調べたりして後悔のないようにするといいのではないかと思います。

お部屋探し

5月となり、新しい生活を4月から始めた人もだいぶ生活に慣れてきたころだと思います。私の娘も4月から社会人となり、アパートでの生活を始めました。仕事はまだ覚えなければいけないことばかりだとは思いますが、先輩も親切に教えてくれて、元気にやっているようです。

アパートも会社から近く、環境も良く、特にいやな事もないようです。ただアパートを探すのが遅かったので、3月に生活用品を買ったり、引越ししたりするのがかなりあわただしくなってしまいました。

3月は、入学や入社または人事異動などがあり、1年で一番引越しなどが多い時期だと思います。人事異動などは、急なこともあると思いますのでそういう時は出来るだけ迅速にがんばってやるしかないと思いますが、事前にわかっている場合などは、出来るだけお部屋探しや引越しの準備を余裕をもってしていくといいのではないかと思います。

お部屋探しについては、学校や会社に紹介してもらえる場合は、まずそれを利用するのが一番いいのではないかと思います。自分で探す場合は、まずネットで調べて知識や情報を得ておくのがおすすめです。ネットで調べていましたら、いいサイトを見つけました。<お部屋探し一人暮らし

新しい生活をする場所がどんな所で、どんなアパート等があるかなどを頭に入れておくといい部屋を探すことができるのではないかと思います。また、お部屋探しをチャットでできるサイトもあって、仕事が忙しくてなかなか不動産屋さんに行けない人も利用できるのではないかと思いました。

ブログを始めました

今日からブログを始めました。身近な事から世間のニュースまで思うがままに書いていきますのでよろしくお願いします。

先日、テレビで、お店のレジが改革されることをやっていました。今は、バーコードを読みとっていますが、袋や箱全体が読みとれるようになっていて、レジでバーコードを読みとる為にかざさなくてもよく、袋や箱を通すだけで読みとれて非常に早く会計ができるというものでした。

また、amazon goでは、詳しいしくみはわかりませんでしたが、商品を棚から袋に入れていくだけで、レジを通さなくても会計されるようになっているようでした。

その他にもロボットが会計をしたり、セルフで会計できるシステムができるかもしれません。近い将来にはコンビニやスーパーからお店の人がレジをする光景は見られなくなるかもしれません。

技術が良くなって、効率が良くなることは全体的にはいいことではないかと思いました。もちろんいい点と悪い点があると思います。この場合でいうとレジをうっている人はその仕事はなくなってしまうことになりますが、他の力をいれている仕事にまわってもらう事もできます。

今は、人手不足と言われています。人手不足という事は、需要があって供給が足りない状態だという事なので、安易に外国人労働者を入れて解決しようとするのではなく、技術を革新して人手不足を解消していった方が日本全体の経済も発展するでしょうし、個人の給料も上がるのではないかと思います。

ある意味、需要があって、供給が足りないという発展するにはいい状態にあるといえるのでこういう時こそ技術革新で経済成長するチャンスともいえるのではないかと思いました。