自動車保険

自動車保険も最近は、インターネットで、保険を選んで、入ることができるようです。今までは、○○保険の代理店を通して、担当の方にいろいろ説明を受けて、保険に入り、その後の更新や事故があった時も担当者にお世話になるという感じが多かったと思います。

この従来からあるやり方を「代理店型」、インターネット等で直接契約を結ぶやり方を「ダイレクト型」と呼ぶそうです。「代理店型」と「ダイレクト型」は、どのように違って、どのような良い点と悪い点があるのだろうと疑問に思いました。

それで、ネットで調べていましたら、参考になるサイトを見つけました。<自動車保険節約.com>

このサイトによると、「ダイレクト型」は、インターネットで、受付等をやっているので、人件費や店舗経費を安く抑えることができるので、一般的に保険料を安くすることができるということです。

しかし、契約手続きから保険金請求まですべて自分でやらなければならないということでした。なので、もしも自分の勘違いや理解不足、手続き上のミスがあった場合は、自分の思っていたように保険が適用されなかったということも起きるかもしれません。

でも、保険料が安いというのは、大きな魅力の一つです。なので、一概にどちらがいいとは言えないと思います。じっくり相談したい人は、「代理店型」、安く合理的に契約したい人は、「ダイレクト型」というようにそれぞれの人に合った方を選ぶのが一番いいのではないかと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です