太陽光発電と蓄電池

太陽光パネルを家の屋根に取り付けて、電気を発電すると、自家消費分を除いて、余った電力は、電力会社が買い取ってくれます。10kw未満の住宅用の場合は、10年間、固定価格で買い取ってくれます。しかし、11年目以降にどうなるかはまだ決まっていません。

売電価格は、固定価格ですが、年々下がっています。そうすると出来るだけ早く太陽光発電を取り付けた方がいいように思いますが、太陽光パネルなどの設備の価格も下がってきています。ですから投資回収期間としては、あまり変わっていないようです。

今後、太陽光発電についてどうしたらいいかは、売電価格がどれくらい下がっていくか、売電価格は11年目以降どうなるか、太陽光パネルなどの設備がどれくらい良くなっているか等よく見極めて判断するのがよいのではないかと思います。

現在は、昼間に太陽光発電した電力を消費して、余った電力を売電し、夜は、昼間より安い電気を使用するという形が多いと思いますが、今後は、太陽光発電した電力を蓄電して、電気を使用するという形が増えてくると思います。

それで、ネットで蓄電池について調べていましたら、参考になるサイトを見つけました。<太陽光発電つけるべきか.com>

まだまだ、蓄電池については、太陽光発電より、商品が少ないようですが、これからは開発されてくると思いますので、蓄電池についても注目していくといいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です