空き家問題

空き家が多くなっているニュースをよく耳にします。新しい家を建てて、引越しをしたのですが、前の家が荷物の片付けができていなくて、放置したままになっていたり、親が高齢者施設に入所したり、病院に入院して荷物や庭がそのままになっていたり、親が住んでいた実家を相続したのですが、誰も住まないまま空き家になっているようなケースが多いようです。

空き家をそのままにしておくと築年数にもよりますが、倒壊の危険性があったり、雨漏りやシロアリ被害の可能性もあります。また、野良猫が住みついて、糞をしたりすることも考えられます。その他にも不審者による不法侵入や放火の心配もあります。

建物は、人が住んでいない状態で放置すると急速に傷んでいきますし、治安も良くありません。それで、定期的に掃除に行ったりして、空き家の管理をしないといけないのですが、住んでいる家から遠かったり、いろいろな事情でなかなか大変ではないかと思います。

また、相続した家などの場合は、兄弟などで意見が違って、もめている事もあります。しかし、放置しておくと資産価値は目減りしていきますし、放置しておいては、問題が解決しません。

それで法律や税制、物理的な問題をかかえている場合は、専門家に相談するなりして解決していくといいのではないかと思います。また、その空き家を今後どうするかは、それぞれの事情とその土地の地理的な場所や広さなどから何に適しているかを考えるといいのではないかと思います。

ネットで調べていましたら、いいサイトを見つけました。空き家をどうするかは、売却する、リフォームして貸す、新築して貸す、駐車場にする等いろいろな方法があると思います。その土地が一番有効に活かせる方法をいろいろ聞いたり、調べたりして後悔のないようにするといいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です